休日のひとときを彩る素敵なワインを皆様に


はじめまして ~Jean’s Holidaysの世界へようこそ~


好きになればなるほど、もっと知りたくなるのがワイン。

自分が飲んで美味しいと思ったワインが造られた国、土地を見てみたい、その土地の人たちがどんなお料理とワインを楽しんでいるのか知りたい、そんな思いで世界各国のワイン産地を周り始めたのが30年前。毎年夏休みは北半球のワイン産地、冬休みはニュージーランドのワイン産地を訪れるようになりました。

世界各国のワインを飲めば飲むほど、ニュージーランド・ワインの質の高を確認することができました。1996年〜2018年オークランド郊外にワインショップをオープンしたおかげで、さらに多くのワイナリーやワインメーカーと知り合うことができました。

ワインが大好きな私と、ワイン・クレイジーな夫ビルが惚れ込んだワインを日本のみなさんにお届けしているクラフトワイン・パークさんと、今回は特にFM802とFMCOCOLOのリスナーの皆さんに飲んでいただきたい特別なワインをご紹介します。


Introduction

はじめてのワイン ~ワイン愛~

01

はじめてのワイン

2年間を過ごした北カリフォルニアの小さな町ローダイ、滞在先の叔父は葡萄農家でした。

ほとんどがテーブル・グレープでしたが少しだけ栽培していたワイン用の葡萄を近くの町ウッドブリッジにあるワイナリーに売っていました。毎年クリスマス前にそのワイナリーからワインが1箱届きました。

その時お味見させてもらった私にとって初めてのワイン、味など全然覚えていませんが、秋の朝霧に覆われた葡萄畑のひんやり湿った空気と夏の乾いた土っぽい匂いは今でもよく覚えています。

02

私とビルと、そしてワイン

柔道一直線だった夫ビルの人生の進路を変える出来事が起こったのは1990年、ひとくち飲ませてもらったシャトー・ムートン・ロートシルトの美味しさに衝撃を受けた彼はワイン関連の本を読みまくり、足繁くワインショップに通いお店の人を質問攻めにし、ワインを買いあさりました。

1992年のボルドー地方を皮切りに、毎年夏は北半球のワイン産地そして冬はニュージーランドのワイン産地を夫婦で訪れるようになりました。

03

世界中のワインを飲めば飲むほどニュージーランド・ワインの質の高さが確認できました。

私は葡萄が育った風土が感じ取れるワインに魅力を感じます。美しい大自然の中、サステイナブルな栽培・醸造で生まれたピュアーでエレガントなニュージーランド・ワインが大好きです。


  • ジーン長尾

    プロフィール

    大阪生まれ、関西のテレビ局・ラジオ局でDJ、パーソナリティーを務める。
    柔道オリンピック代表経験のあるニュージーランド人 Bill Vincent と1990年に結婚。 1999年9月末、FM802開局時から担当していた “A music Morning” を最後に、現役を引退してニュージーランドに移住。
    オリジナルワインをつくったりワインショップの経営をしたりしていたが、現在はオークランド郊外の海辺の町に住み、夫婦でワインの輸出入 • コンサルタントをしている。
    15年間飼っていた愛犬DJを4年前に亡くし「もう犬は飼わない」と思っていたが、5月にDJと同じように保護犬だった子犬が家族に加わりました。名前はBJ、でもよくDJと呼ばれるので本人は混乱していると思う。


Recommendations

コラボレーション・ワインズ

記念すべきJean’s Holidaysはじめてのキャンペーンに選ばれたワインは女性醸造家が立ち上げた新しいワイナリーであるCollaboration Wines - 様々な方々がコラボレーション/協力して実現したこのキャンペーンにぴったりのワインをお届けします。


Winery

ワイナリー紹介

01

ニュージーランドのワイン名醸地の一つ、ホークス・ベイ(Hawke’s Bay)で新しい風を吹かせているコラボレーション・ワインズ(Collaboration Wines)はいくつかのクラフトワインでポートフォリオを形成する小量生産のブティックワイナリー。年産1,500ケース(12本入り)。

02

2010年、ホークス・ベイのパスク・ワイナリー(Pask Winery)というワイナリーのワインメーカーとして仕事をする傍ら、自身のブランドであるコラボレーション・ワインズを立ち上げ、初ビンテージ・アージェント(Argent/カベルネ・ソーヴィニヨン100%)をリリース。

03

自社畑は持たず、ホークス・ベイにある特定の葡萄農家とコラボレーションしワインを醸し出す。現在、フランスとシンガポールに輸出している。
日本には今回が初上陸


Winemaker

醸造家 - ジュリアン・ブローデン

01

ワインメーカーであるジュリアン・ブローデン(Julianne Brogden)は現在40歳の女性醸造家。

彼女のワイン醸造歴は23年にものぼる。
ワイン科学、葡萄栽培学の学位を有し、米国カリフォルニアのナパ・バレー、ニュージーランドの様々なワイナリーでワインづくりの仕事に携わってきた。

02

彼女の師であり旧友でもあるワインメーカーは彼女にこう言った。
「我々はみな非常に小規模から始めた。たった一樽からだ。あなたも同じようにしなさい。
決して大きすぎる規模に成長させるんじゃない。それこそが我々が犯した最大の失敗だ。」

2010年、わずか四樽から始めた彼女のオリジナルワインは、彼女のワイン哲学とワインへの情熱、そして彼女が学んできた全てを映し出している。

03

ワイン醸造家として、そして起業家としてこれからニュージーランドのワイン産業を担っていくだろう彼女のアドバイスを紹介。(以下、原文)
“Essential are travel in other wine regions, a science background, work in the cellar and the laboratory, going to school, and learning all you can where you are”
(訳)最も重要なのは、様々なワイン生産地を旅すること、科学の知見を持つこと、ワイナリーのセラーと研究室で働くこと、学校へ行くこと、そしてどこにいてもあなたが学べる全てのことを学び取ること。

04

アーティスト/Angela Tirrell(アンジェラ・ティレル)との出会い

アメリカ・ナパバレーでのワイン修行時代、ジュリアンは部屋を探していた。そのことを知る友人が紹介してくれたのがアンジェラ・ティレルである。彼女は画家・アーティストであり、また当時ちょうど彼女の家の一室を誰かに貸していた。ジュリアンは彼女の家に転がり込んだ。
間もなく、彼女らは共通の趣味―料理、旅行、そしてもちろんアートとワイン―を通じ意気投合した。そして、ジュリアンはアンジェラの作品に魅入られるようになった。

05

抽象画とワイン

ジュリアンがつくるワインの中に、アンジェラが描くアートを見た…
ジュリアンは次のように語っている―

“Angela’s abstract artwork is a direct reflection of the complexity and depth of my wines. I find her artworks intriguing; they make you just want to sit and contemplate; there is a lot of depth and interest to them. I have the same approach to my winemaking; I believe in and really enjoy making wines that are rich, complex and textured.”
(訳)アンジェラの抽象画は私のつくるワインの複雑さと深さを直接反映している。私は彼女(ジュリアン)のアートから様々なことを想起させられ、ただただ座ってアートを鑑賞し、熟考させられる。そのアートの中には多くの深さと面白さがある。私はワインに対し同様のアプローチをするし、私自身、豊潤で複雑、かつ繊細なワインづくりを楽しんでいます。

06

Collaboration Winesとワインのラベル

2010年に記念すべき初ビンテージワインを世に出す際、ジュリアンはワインのラベルをアンジェラのアートにしたいと考えていた。今もArgentという名のつくワインには同じ抽象画が使われているが、もともとArgentという題のこの絵画は、とあるニューヨークの方からアンジェラが依頼を受け描いていたもので、結局、依頼人の部屋の色調に合わないとのことで、絵画は売れずに残っていた。そのことを知ったジュリアンは、アンジェラの絵をすぐに購入し、自身の初ビンテージワインに採用した。それ以降は、彼女がつくる全てのワインのラベルはアンジェラが手掛ける抽象画が使われるようになったのだ。


Wine

ワイン紹介

01

2013 Argent Cabernet Sauvignon

(2013 アージェント カベルネ・ソーヴィニヨン)

タイプ: 赤
アルコール: 14%
品種: カベルネ・ソーヴィニヨン91%, メルロー9%
生産量: 112ケース(12本入り)

テースティング・ノート:
色は深く暗いカーマイン色(紫がかった赤色)。カシスの濃い香りと黒い果実、そして微かなラベンダー香。幾層にもなる重厚感と深さ、複雑さ、純粋さとして凝縮感を楽しめる。

02

2018 Aurulent Chardonnay

(2018 アウルレント シャルドネ)

タイプ: 白
アルコール: 13.3%
品種: シャルドネ100%
生産量: 450ケース(12本入り)

テースティング・ノート:
色はほのかに緑がかったゴールド。柑橘、パイナップル、バタースコッチなどがフレンチオーク樽による発酵と熟成から由来し、ミネラル感や複雑な香りを感じる。シルクのような質感。香りの複雑さと豊潤さ、柑橘やパイナップルを想起させる味わい。


Campaign

キャンペーン内容

※ ワインの送料は1個口あたり550円(税込)でございます。
※ ワインを3本以上で1個口(1オーダー)される場合は別途荷姿や送付方法につきご相談させて頂きます。
※ ワインのお届は2019年12月16日(月)から開始し、5営業日以内のお届を予定しております。予めご了承ください。
※ ワインはヤマト運輸株式会社様の宅配便サービスにてお届け致します。冬季のワイン送付につき、クール便対応は致しません。





Our Team
キャンペーンのチームメンバー

FM 802 & FM COCOLO - Jean's Holidays 企画・広報
株式会社リブ・コマース - ディレクション, 商品販売
株式会社MJE - キャンペーンのロゴ・クリエーター
Teamナニカ - WEBシステム・クリエーター